グリーン演出・空間デザイン

緑化ソリューション

設備を気にせず、規模の小さい空間から大きな空間まで対応可能な壁面緑化です。
給排水の設備がある場合もない場合も、どちらでも対応できるよう、2タイプのシステムがございます。
ボリュームのある植物を使用できるため、導入当初から緑量のある空間となります。
植物の取替えや配置換えが容易でデザインの自由度の高いため、植物によるインパクトが最大限に活かされる空間が生まれます。

ワークフロー

STEP1−企画

空間に最適なプランをご提案します。
●ご要望や条件のヒアリング
●費用の目安のご案内

初めての室内緑化をご計画の場合は、わからないことや不安な気持ちでいっぱいだと思います。空間に適したプランを無理のない内容でご提案できるように努力いたします。まずは気軽な会話を通じてお客様のイメージやご予算感をお聞かせください。

STEP2−設計

コンセプトを詳細にカタチづくります。
●環境に適したデザインのご提案
●イメージパースの作成

現地の視察や調査が可能な場合は、訪問させていただきます。現地の条件により本物の緑の導入に適さない場合もあります。環境を改善するための設備などに費用がかかる場合は、ご相談の上で次のステップに進むようにします。イメージパースや図面(※)で内容を視覚的にご確認いただき、ご納得いただいた上で施工計画に進みます。
※作成には1週間~10日ほどお時間をいただきます。また、ご提案段階と内容によっては有償となる場合がございます。

STEP3−施工

確かな技術力で具現化します。
●ご発注~工事着工~完了

特殊な緑化システムの施工や空間に適した植物のボリューム感の演出など、それぞれの分野に精通したスタッフによる技術力と磨かれた感覚の協業により、ご期待以上の緑の空間を創ります。工事の完了時には、技術力と植物の生命力に感動していただきたいと思います。

STEP4−維持管理

作品のクオリティを高いレベルで保ちます。

完成した美しい景観を継続するには、人による補助的な作業が必須です。とりわけ壁面緑化のような特殊な環境に置かれた植物に対しては、経験値の高いプロによる維持管理が安心です。

ピクセルインドア トレイタイプ(貯水式)

給排水の設備が店舗やオフィスなどの小さなスペースに適しています。設備を気にせずに、天井から床面まで全面緑化できる壁面緑化できます。
  • 特徴
  • 仕様
  • 取付
  • 価格
  • データ
  • ピクセルインドアは、導入当初から緑量が豊かな早期緑化システムです。植物の取り替えや配置換えが容易でデザインの自由度が高い緑化壁です。
  • 壁に固定した貯水トレイに、植物を植えた15cm角のポット(ピクセルポット)を並べて緑化する、室内用の壁面緑化工法です。
  • 給排水設備を気にすることなく、置き場所を決定できます。従来の自動潅水型の室内緑化で必要だったタンクのスペースがなくなったことで、見た目もスッキリしました。電源や排水処理が不要で、足元にタンクスペースを必要としないため、天井から床面まで緑化することも可能です。
  • 植物が必要とする約2週間分の水を溜めることができるため、毎日お水をやる手間は必要ありません。メンテナンススタッフが2週間に1回お伺いして給水作業をいたします。
  • 商業テナントやオフィスなどの規模の小さなスペースに。

<ピクセルポット>
植物と園芸用土が入った15cm角の小型プランター(ピクセルインドア全タイプ共通)
材質:耐候性PP サイズ:144 x 142 x 158 (mm)
カラー:ブラック(標準)
<L型プレート> 材質・仕上げ: ステンレス製
<貯水トレイ(底面灌水)>
トレイは汚れが気になったときに清掃がしやすく、清潔な環境を保てます。
サイズ:150~1300mm(200mmピッチ)

※注意
・壁の下地について内装工事にて、ビス留め位置に木板12mm以上またはそれ相当の下地をご用意ください。
・壁面緑化の高さは、225~3625mm(200mmピッチ)です。
・メンテナンスの作業上、天井からトレイ最上段は最低150mmの空間が必要となります。
・重量は16kg/m(L型プレート材は含みません)
・観葉植物は最大35ピクセルポット/㎡)

<ピクセルポット> 貯水トレイに載せて植物を育成します。
<ボルトまたはロングダボ> トレイを設置する部分に固定または差し込みます。
<貯水トレイ> L型プレートのボルトまたはダボに貯水トレイを引っ掛けて取り付けます。ピクセルポットをトレイに載せて、トレイに水を貯めます。ピクセルポットの底面より給水する仕組みです。

20万円~/㎡(材工共)

ピクセルインドア フレームタイプ(自動灌水式)

商業施設やビルなどの大きなスペースに適しています。自動灌水の設備により、安定した給水が可能です。
  • 特徴
  • 仕様
  • 取付
  • 価格
  • データ
  • ピクセルインドアは、導入当初から緑量が豊かな早期緑化システムです。植物の取り替えや配置換えが容易でデザインの自由度が高い緑化壁です。
  • 壁に固定した貯水トレイに、植物を植えた15cm角のポット(ピクセルポット)を並べて緑化する、室内用の壁面緑化工法です。
  • 自動灌水は全て機械で制御されており、安定した給水ができます。季節ごとの変化による水量も設定変更可能です。
  • メンテナンスの手が届きにくい、規模の大きい壁面緑化にも対応できます。
  • 従来のピクセル工法に比べて、初期費用・管理費用面でコストダウンが可能です。
  • 商業施設やビルなど大規模な壁面緑化に。

<ピクセルポット>
植物と園芸用土が入った15cm角の小型プランター(ピクセルインドア全タイプ共通)
材質:耐候性PP サイズ:144 x 142 x 158 (mm)
カラー:ブラック(標準)
25ポット/㎡
<ピクセルフレーム>
材質・仕上げ:スチール製 溶融亜鉛メッキ処理
サイズ:900 x 870 x 100(外寸 906 x 870 x 106)
<潅水システム>
電気式コントローラー、樹脂製電磁弁ボックスセット(口径20A)、点滴式潅水ホース、その他関連部品

※注意
・フレーム下地(鉄骨・下地レール等支持金物)は建築工事となります。
・壁面緑化の高さは、225~3625mm(200mmピッチ)です。
・メンテナンスの作業上、天井からトレイ最上段は最低150mmの空間が必要となります。
・重量は50kg/㎡(下地フレームは含みません)
・給排水設備が必要です。

ピクセルフレームにピクセルポットをセットします。(フレーム下地は建築工事となります。)
灌水ホースをピクセルポット上部に沿わせて取り付けます。
自動灌水システムが必要な時期に必要な量の水やりをします。
点滴式なのでゆっくりと土壌にしみこみます。
また、面の高さや大きな面積に対して安定した水の供給ができます。

18万円~/㎡(材工共)

お問い合わせ

〒133-0051
東京都江戸川区北小岩2-21-12
電話:03-4571-2816
FAX:03-6700-6938

PAGE TOP